不動産鑑定士.info

不動産鑑定士の魅力

不動産のプロフェッショナル

三大国家資格と言われるほど不動産鑑定士は難関とされていますが、難しいだけあってその魅力やメリットは多くあります。

理論的な根拠と実践的なデータに基づいた、不動産に関連する緻密な調査と、その分析結果には絶大な信頼が寄せられているようです。仕事の規模によっては何百億もの価値がある不動産を評価することもあるようです。不動産関連の資格の中では、社会的な地位と将来性が約束された仕事であることはいうまでもないとされています。

税理士などと比較すると、有資格数がかなり少ないため、不動産鑑定士という名前はまだまだ一般的には浸透していないようです。でも不動産関連資格の最高峰として、その需要と重要性は極めて高いとされています。
アパート経営がしたいとお考えの方も、このような資格があると大変便利です。

収入に関するメリット

不動産関連資格の中ではエリートと呼ばれるほど不動産鑑定士には、収入面においても大きなメリットがあるようです。

業務の一環として鑑定評価業務がありますが、これは不動産鑑定士の独占業務です。公的機関からの業務などを請け負うことになると、毎年安定した収入が得られます。これに個人や法人に対するコンサルティング業務などを含めると、相当な額の収入になることが予想されます。

鑑定の報酬は1件につき約10万円〜100万円が相場だとされています。企業内鑑定士として活躍するのか、それとも独立開業しているかで、年収は変わってきますが、大体400万〜1000万円程度と言われているようです。一般のサラリーマンの収入と比較してみるとはるかに高い収入であることが分かるでしょう。

独立するときに手間がかからない

不動産鑑定士の仕事は不動産に関連する調査や鑑定が主な業務内容となるため、飲食店やブティックといった店舗を開業する場合とは違い、在庫を抱える心配などがありません。

そのため資格と経験さえ積んでいれば、リスクをそれほど伴うこともなく、少ない元手で独立が可能なのです。不動産会社や建設会社に籍を置くなどして、ある程度の資金と経験や事をうまく運ぶのに役に立つ親しい関係が出来れば、独立するチャンスは大いにあるでしょう。

独立した場合の業務としては、首都圏では民間から依頼された鑑定評価やコンサルティング業務をこなす事務所が多く、首都圏以外となると、国や地方公共団体から請け負う公的評価の比率が高いとされています。

不動産鑑定士のこれから

不動産の証券化が進化したり、各金融機関が不動産投資事業に乗り出したりなど、不動産のあり方は今後もさらなる変化を遂げるだろうと言われています。

公的機関や民間機関から依頼される鑑定業務に加え、土地や建物を元とする不動産鑑定だけではなく、コンサルティングやデュー・デリジェンスといった業務の占める割合も高くなっていくと考えられています。その需要の高まりから、不動産会社だけではなく、信託銀行、コンサルティング会社といった企業でも研修を行い、積極的に不動産鑑定士の資格取得を社員に勧めるところが増えてきているようです。

今後も社会的なニーズの高まりと共に、不動産鑑定士の活躍の場はどんどん広がっていくだろうと言われています。

注目サイト

軽井沢 土地
https://www.shinkofudousan.jp/

最終更新日:2016/9/28