不動産鑑定士.info

不動産鑑定士のお仕事

不動産鑑定士は、地域の環境や社会情勢など諸条件を考え、適正な不動産評価額を判定する国家資格者です。また、豊富な実務経験と知識を生かし、団体や個人を対象とした土地の有効活用のためのコンサルティング業務も行なっています。
アパート経営・不動産投資をする場合にも、意見を聞いてみるのも良いかと思います。

鑑定業務

不動産鑑定士の代表的な業務の一つが「鑑定業務」です。この業務は国家資格を与えられた不動産鑑定士だけが請け負うことの出来る仕事で、不動産鑑定士の独占業務となっています。

不動産のスペシャリストとして、専門知識をフルに活かし、法規制、周辺環境などといった諸条件を汲み取り、財産である土地や建物の適正な価格を導き出します。例として、個人の生活に密着した業務で言うと、相続税路線価の評価や固定資産税などです。

不動産の価格は一定ではなく、その時代の流れや人の流れや人の活動によって変わるもの。不動産鑑定を的確に行なうためには、合理的で現実的な認識に基づい判断が求められています。業務には、対象となる不動産の確定、資料の収集、実地調査、地格形成要因の分析、評価書などが含まれます。

鑑定評価業務の中で、国や都道府県から受ける公的評価には、相続税路線価、裁判所の競売、地価公示、地価調査があります。一方で企業や個人から受ける民間評価は、売買、担保、税務上の交換、現物出資による会社設立などに関わる業務が主となっています。

コンサルティング業務

不動産鑑定士の主軸となるもう一つがコンサルティング業務です。不動産はこれまでに単に所有するだけの時代だったのが、今後はいかに効率よく運用していくかという時代に変わりつつあるようです。

例えば、何も使わずに放置したままの遊休資産となっている土地や、収益の非常に低い事業物件をより有効に利用するためのアドバイスをします。例え数多くの不動産を所有していても、物的観点や法的観点からの有効な利用方法となってくると、素人ではなかなか分からないものです。

そこで、不動産鑑定士がその高度な専門知識を発揮した緻密な市場分析をもとにして、事業化への提案、コンサルティングなどの業務をします。経営者や投資家に非常に大きな影響を与える業務だと言われています。

更に広がりを見せる業務

上に挙げた業務意外にも、不動産鑑定士の仕事の種類は多くあります。不動産のプロフェッショナルの視点からの判断、調査研究はもちろんのこと、不動産の証券化、減損会計の導入、企業の合併・買収、企業再生等に関する鑑定評価依頼が今後はさらに増えていくことが予想されています。

このように業務が広がるにつれて、不動産鑑定士の社会的なニーズはさらなる高まりを見せ、より人気を集める資格となっていくと言われています。