不動産鑑定士.info

不動産鑑定士の就職先

不動産会社

不動産を取り扱う不動産会社では、不動産鑑定士は必要不可欠な資格だとされています。特に大手の不動産会社では土地開発や土地活用などのコンサルティング業務も行なっているため、不動産の専門的な知識を持つ人材を必要とされています。

不動産鑑定士事務所

不動産鑑定士事務所は不動産の調査や鑑定を業務として、不動産鑑定業者の登録をすると独立して開業が可能です。現在では、不動産鑑定士の業務は非常に多くに渡っているため、不動産鑑定士の人材が不足しているようです。

金融機関

不動産は融資の際に担保として用いられることがかなり多いため、金融機関においても不動産鑑定士の専門知識は重宝されているようです。信託銀行などでは不動産鑑定士資格を取得するための研修制度などもあり、不動産鑑定士は色々な部門で活躍されています。

官公庁

不動産鑑定士を統括している国土庁では、国土の健全な利用及び発展を推進している組織です。また、土地や建物を扱う国土交通省や財務省、その他の官公庁などにおいても、不動産鑑定の専門家を必要としているようです。さらには、都道府県、市町村における土地開発計画部門でも、不動産鑑定士は欠かすことの出来ない重要な存在となっているようです。

証券会社

証券業界においても、不動産に関連する専門的な知識を持つ不動産鑑定士は、なくてはならない存在だとされています。例えば、抵当権発行の申請を行なう場合には鑑定書を添付しなくてはいけませんが、これは不動産鑑定士の業務でもあるのです。

商社

大手の商社になると、資産として多くの不動産を持っているため、不動産鑑定士は欠かせない人材となっているようです。また不動産取引を行なう場合にも、不動産を担保とする場合があるため、経理や管財などのセクションで不動産鑑定士の専門知識が必要となるようです。

このように不動産鑑定士の活躍する場は、幅広い業界に渡っています。どの業界でも不動産鑑定士が必要としているため、現在では不動産鑑定士の数は絶対的に不足しているようです。不動産鑑定士になると安定した収入が得られると言われていますが、それは間違いないと言われています。

check

Last update:2016/6/1